-------------------------------------------------------------
ExcelMailAddinのインストールは下記をご参照ください。
http://superdbtool.com/blog/archives/282

ExcelMailAddinダウンロード
-------------------------------------------------------------

OUTLOOKやWebmailを使ってたくさんの方に一括送信する場合、普段メール本文を作成して、TOに複数のメールアドレスを入れて送信します。

受信者は全部関係者の場合大丈夫ですが、お互いに知らない方々なら、個人情報漏れの恐れがあり、非常に危ないです。これを解決するには、普段BCCで全員へ送信します。

但し、BCCは以下の制限またはデメリットがあります。
1). 複数の送信先へ同じメール本文しか送信できません。
2). 受信者はBCCで来たメールに対して、重視しない傾向があります。
3). 送信漏れまたは重複送信があったかをチェックするのは難しい
4). 送信履歴の管理は難しい
5). BCCでもハッカーのメールサーバ不法侵入などにより情報漏れの恐れがあります。

一括で同じメール本文を送信することではなく、各受信者へそれぞれ違う本文のメールを一斉送信し、送信履歴もExcel一覧で管理する必要な場合、メール一斉送信ソフトExcelMailAddinのご利用をお勧めします。

用途(例)
  お客さんへ一括で製品や要員の案内
  協力会社へ案件情報を送信
  日本や海外大学への申請書送付
  社員全員への給与明細送付
  応募会社への応募メール送信
  アンケートメールなどなど
  1000社以上の業務で日々使われています。
  ぜひお試しください。

一斉送信の方法を下記の例で説明します。

①、一斉送信するために、まず送信先の一覧(メールアドレス一覧)を用意しなければなりません。
インストール後、すでにいくつかの例が入っていますので、基本的にそれをコピーしてカスタマイズしましょう。
ここで「請求書送付一覧」を使って説明します。
Excelの一斉送信リボン⇒私の送信先一覧⇒1.顧客連絡先⇒請求書送付一覧をクリックします。
SendMail-1
★私の送信先一覧メニューに表示した名称はすべて下記のフォルダ直下の
ファイルにより動的に生成されます。
C:\Users\{User}\Documents\ExcelMail\MyAddresslist

②、請求書送付一覧のファイル
SendMail-2

③、送信本文の内容は「メール文書」のシートで編集します。
本文の中で%会社名%のように流れ込みパラメータも使えます。
%XXXX%の「XXXX」の部分は送信先一覧のタイトル行の文字列です。

SendMail-3

④、「設定」シートで送信用の各種パラメータを設定します。
サンプル送信一覧をそのままご利用の場合、変更は要りません。
SendMail-4

⑤、送信の準備が終わりましたら、送信先一覧の送信対象列に「○」を入れて、「一斉メール送信」のアイコンをクリックします。下記の画面で「編集」ボタンをクリックします。
すでに送信用メールアカウントを設定した場合、直接「送信」をクリックします。

SendMail-5

送信用メールアカウントの追加または変更画面:
SendMail-7

普段Outlookやほかのクライアントメールソフトの設定を参照して設定します。

⑥、確認画面で「はい」をクリックします。
SendMail-8

SendMail-9

⑦、送信先へ下記のようなメールが送信されます。
TOには関係者のみ入っていますので、受信者は一斉送信かどうか全く知らないです。
SendMail-10

ExcelMailAddinを使ってもGMailで送信できない場合、下記のURLをご参照ください。
https://support.google.com/accounts/answer/6010255?hl=ja

OutlookNoMissAddinを使って、OUTLOOKにもテンプレートとメール誤送信防止の機能が追加されます。

詳しくは以下のをご参照ください。

Outlook効率的にメールを作成
Outlook誤送信を完全になくす