経理兼SE担当の10年間の纏めから厳選した無駄のない100Excel拡張機能!

http://www.superdbtool.com  Excelの機能拡張で作業効率数倍アップ!
SuperDBToolのブログはhttp://superdbtool.com/blogへ移しました。
使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg
シート名一括変更,ファイル一括検索置換,擬似データ作成,データベース連携,データマッチング/突合,フォルダ一括作成, 組み合わせパターン作成,重複削除,複数シート纏め,Excel分割,一括保護解除,選択範囲を画像へ変換,文字変換,ファイル一覧出力,文字コード変換,別ウィンドウで開く,リンク一括削除,複数条件データ抽出,空白セルに値設定,文字列結合コピー,シート名ソート,テキスト比較,シート比較,Excel印刷ページ数取得,計画作成,課題管理表,TODOリスト,作業報告書,世界時間,SQL実行,Grep,メール一斉送信,情報明細によりメール作成,メール文例,Excelファイル差し込み出力……

タグ:登録

MySQL ODBC 5.2をデフォルトの設定でインストールしたら、ANSIのODBCドライバを使うと様々なエラーが発生します。
ExcelDBToolから接続する場合も下記のエラーが発生します。
-2147467259 [MySQL][ODBC 5.2(a) Driver][mysqld-5.6.15]Incorrect string value xxx for column 'xxx' at row 1
Mysql-Insert-0

 Mysql-Insert-1

この場合、こちらは以下のことを確認しました。
1、ODBC32bitが正しくインストールされましたか。(64bitではない)
Mysql-ODBC-0

2、接続文字列の中に下記の記述が入っていますか。
STMT=SET NAMES cp932;charset=cp932;

3、確認してから、テーブル名と列名が全部日本語でテーブルを作成して動作確認しました。
そうすると、DBに正常に登録できました。

Mysql-Insert-2

Mysql-Insert-3




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ここではExcelDBToolを使用して、ダミーデータを生成して、生成↓データをIBM DB2のデータベースに登録する方法を説明します。

1、Excelシート上にて右クリックして、DBツール→データ取得→テーブルを選択...をクリックします。

DB2-Login-1

2、テーブル選択の画面が出て、データ生成対象テーブルの表定義を取得します。
DB2-MakeTestData-1


3、データ作成対象列を選択ししてから
シート上に右クリックして、DBツール→選択範囲にデータ作成をクリックします。
DB2-MakeTestData-2

4、ダミーデータ生成設定の画面が出たら、データ開始行を設定して、各列の生成オプションを設定します。
DB2-MakeTestData-3

DB2-MakeTestData-4

5、生成したデータを変更・調整して、データベースに登録します。
DB2-MakeTestData-6

右クリックして、「DBツール→データ更新→選択されたシートのデータを入換」をクリックします。
DB2-MakeTestData-6-1
DB2-MakeTestData-7
DB2-MakeTestData-8



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ