経理兼SE担当の10年間の纏めから厳選した無駄のない100Excel拡張機能!

http://www.superdbtool.com  Excelの機能拡張で作業効率数倍アップ!
SuperDBToolのブログはhttp://superdbtool.com/blogへ移しました。
使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg
シート名一括変更,ファイル一括検索置換,擬似データ作成,データベース連携,データマッチング/突合,フォルダ一括作成, 組み合わせパターン作成,重複削除,複数シート纏め,Excel分割,一括保護解除,選択範囲を画像へ変換,文字変換,ファイル一覧出力,文字コード変換,別ウィンドウで開く,リンク一括削除,複数条件データ抽出,空白セルに値設定,文字列結合コピー,シート名ソート,テキスト比較,シート比較,Excel印刷ページ数取得,計画作成,課題管理表,TODOリスト,作業報告書,世界時間,SQL実行,Grep,メール一斉送信,情報明細によりメール作成,メール文例,Excelファイル差し込み出力……

タグ:抽出

ExcelDevToolを使って、フォルダにあるファイル及びサブフォルダを一括で抽出して、Excelに出力する方法を説明します。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.htmlまたは最新版:
http://www.superdbtool.com/files/ExcelDevTool.msi


①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。

Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒ファイル処理⇒「ファイル一覧出力」をクリックします。
GenerateFileList-1


 ②、各条件を設定して「ファイル一覧出力」をクリックします。出力ファイルのリンクを作成をチェックした場合、
ファイルのパスをURLで一括で取得できます。URLを外した場合、
別の選択範囲⇒リンクを一括削除で削除できます。
GenerateFileList-2
GenerateFileList-3

③、下記のような結果が出ます(条件によって、形も変わります)。
GenerateFileList-4

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IT案件を受注した際に、お客さんから一括でたくさんの仕様書をもらって、それに基づいて見積もりを出さなければなりません。ファンクションポイントの計算などは必要ですが、数社で競争する場面が多いため、まず規模感を把握するのは重要です。この場合、仕様書のページ数や文字数、図形の数が分かれば見積もりに助かります。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se475869.html


①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。(インストールガイド)

Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒ファイル処理⇒「Excel規模情報取得」をクリックします。
PagesCount-1

②、出た画面にて対象フォルダを選択して、OKをクリックします。
*該当フォルダ直下のファイルしか取得しません。
PagesCount-2

③、以下のような結果が出力されます。
PagesCount-3



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

下記のデータ1とデータ2に対して、以下のことをしたい場合がよくあります。
DataMatchingCase2-1

1.【データ1】にあって【データ2】にないデータの抽出
2.【データ2】にあって【データ1】にないデータの抽出
3.【データ1】にも【データ2】にもあるデータの抽出

ここでExcelDevToolを使って30秒(但し、データ量によって変わります)でデータを抽出する方法を説明します。

①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒テーブル⇒「データマッチング/突合/照合」をクリックします。
DataMatchingCase1-3

②、出たウィザードでデータ1とデータ2を選択して、マッチングの条件を指定します。
2DataMatchingCase2-1
DataMatchingCase2-3
DataMatchingCase2-4

③、データ1とデータ2の両方とも「すべての行」を選択します。
DataMatchingCase2-5

③、結果:
DataMatchingCase2-6

 

ほかの突合せやデータマッチングサンプル:
Excelの作業効率アップ-11 データマッチング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ