経理兼SE担当の10年間の纏めから厳選した無駄のない100Excel拡張機能!

http://www.superdbtool.com  Excelの機能拡張で作業効率数倍アップ!
SuperDBToolのブログはhttp://superdbtool.com/blogへ移しました。
使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg
シート名一括変更,ファイル一括検索置換,擬似データ作成,データベース連携,データマッチング/突合,フォルダ一括作成, 組み合わせパターン作成,重複削除,複数シート纏め,Excel分割,一括保護解除,選択範囲を画像へ変換,文字変換,ファイル一覧出力,文字コード変換,別ウィンドウで開く,リンク一括削除,複数条件データ抽出,空白セルに値設定,文字列結合コピー,シート名ソート,テキスト比較,シート比較,Excel印刷ページ数取得,計画作成,課題管理表,TODOリスト,作業報告書,世界時間,SQL実行,Grep,メール一斉送信,情報明細によりメール作成,メール文例,Excelファイル差し込み出力……

タグ:フォルダ

ExcelDevToolを使って、フォルダにあるファイル及びサブフォルダを一括で抽出して、Excelに出力する方法を説明します。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.htmlまたは最新版:
http://www.superdbtool.com/files/ExcelDevTool.msi


①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。

Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒ファイル処理⇒「ファイル一覧出力」をクリックします。
GenerateFileList-1


 ②、各条件を設定して「ファイル一覧出力」をクリックします。出力ファイルのリンクを作成をチェックした場合、
ファイルのパスをURLで一括で取得できます。URLを外した場合、
別の選択範囲⇒リンクを一括削除で削除できます。
GenerateFileList-2
GenerateFileList-3

③、下記のような結果が出ます(条件によって、形も変わります)。
GenerateFileList-4

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ExcelDevToolを使って、フォルダにある複数のExcelファイルを開いてシートを一括で抽出する方法を説明します。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html


①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。(インストールガイド)

Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒シート操作⇒「各Excelファイルからシートを抽出」をクリックします。
GetSheetsFromExcelFiles-1
 ②、フォルダを選択して、シート名のパターンを指定します。
*を指定した場合、すべてのシートを抽出します。例えばA*Bを指定した場合、
A....Bのようなシート名のみ抽出します。
GetSheetsFromExcelFiles-2
③、下記のような結果が出ます。
GetSheetsFromExcelFiles-3

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

以下はExcelDevToolを使って、2つのフォルダのファイル名を比較する方法を説明します。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se475869.html


①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。(インストールガイド)

Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒比較処理⇒「テキストファイル比較」をクリックします。
CompareFolders-1

②、出た画面にてフォルダ比較、ファイル名だけ比較などを設定して、OKをクリックします。
CompareFolders-2

③、結果を確認します。
CompareFolders-3


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

Excelでファイルの一覧を取得して、その一覧に基づきファイル名を一括変更する機能を例で説明します。
IEの一時フォルダからたくさんの写真を下記のようにC:\Testにコピーしました。
ファイル名が長すぎて、そして分かりにくいため、このフォルダの内容を一括で
C:\Imgへ移動して、ファイル名もエクセルに定義したリストに一括変更する例です。
ChangeFileNames-4

①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒ファイル処理⇒「ファイル一覧出力」でまず既存ファイル名の一覧を取得します。
ChangeFileNames-1
ChangeFileNames-2

②、A列に取得したファイルパスに対して、変更先のファイルパスを入力します。フォルダは存在しなくても大丈夫です。
ChangeFileNames-5

③、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒ファイル処理⇒「ファイル/フォルダ名一括変更」をクリックします。
ChangeFileNames-6

OKをクリックします。
ChangeFileNames-7

一括でファイルの保存先およびファイル名を変更しました。便利でしょう。
ChangeFileNames-9

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ExcelDevToolを使って、フォルダ中のファイルを一括保護/解除する方法を説明します。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html
上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。(インストールガイド)
一括保護
①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒保護解除⇒「Excelブック/シート一括保護/解除」をクリックします。
AddPassword-1


②、出たダイアログで保護タブを選択して、以下のように指定します。一括保護をクリックします。
AddPassword-2

実行する前に必ずファイルをバックアップしてください。
AddPassword-3


③、終わりましたら、ファイルを開いて、保護されたかを確認します。
AddPassword-5

一括保護解除
①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒保護解除⇒「Excelブック/シート一括保護/解除」をクリックします。
AddPassword-1


②、出たダイアログで解除タブを選択して、以下のように指定します。一括解除をクリックします。
DeletePassword-2
DeletePassword-3

実行する前に必ずファイルをバックアップしてください。
AddPassword-3


③、終わりましたら、ファイルを開いて、保護解除されたかを確認します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ