経理兼SE担当の10年間の纏めから厳選した無駄のない100Excel拡張機能!

http://www.superdbtool.com  Excelの機能拡張で作業効率数倍アップ!
SuperDBToolのブログはhttp://superdbtool.com/blogへ移しました。
使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg
シート名一括変更,ファイル一括検索置換,擬似データ作成,データベース連携,データマッチング/突合,フォルダ一括作成, 組み合わせパターン作成,重複削除,複数シート纏め,Excel分割,一括保護解除,選択範囲を画像へ変換,文字変換,ファイル一覧出力,文字コード変換,別ウィンドウで開く,リンク一括削除,複数条件データ抽出,空白セルに値設定,文字列結合コピー,シート名ソート,テキスト比較,シート比較,Excel印刷ページ数取得,計画作成,課題管理表,TODOリスト,作業報告書,世界時間,SQL実行,Grep,メール一斉送信,情報明細によりメール作成,メール文例,Excelファイル差し込み出力……

タグ:テーブル

Excelのアドインなので、ガイドやブログを更新する際に、よくExcelの画面コピーやテーブルのデータを使います。
この場合、こちらでよく使うのはExcelDevToolの「図形処理」と 「HTMLへ出力」の機能です。
今回は簡単に使い方を紹介いたします。

ExcelDevToolダウンロード(Excelの機能を拡張して、効率アップ)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se475869.html
インストール方法:http://superdbtool.com/blog/archives/173

①、下記のテーブルを画像化して、ブログで使います。
Picture-1
 
Excel上にて右クリックして、機能拡張 → 図形処理 → 選択範囲を画像へ変換&コピー
Picture-2

以下のメッセージが出たら、コピーは完了です。どこへ貼り付けてもOKです。
Picture-3

②、貼り付けではなく、イメージファイルを出力したい
この場合、「選択範囲の画像(jpeg/gif)を出力」をクリックすれば、
以下の画面が出ます。オプションを設定して出力すればOKです。
Picture-4
 
③、図形ではなく、HTMLへ変換したい
Excel上にて右クリックして、機能拡張→選択範囲→データをCSV/SQL/XML/HTMLへ出力
Picture-5

 HTMLを指定して、出力をクリックします。
Picture-6

一瞬でHTMLができます。
Picture-7

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エクセルで様々な関数があってとても便利ですが、たくさんのデータの集計や突き合いをする際に、
数式がとても複雑になって分かりにくいです。
この場合、選択されたデータをSQLでデータを検索できるなら効率が上がります。

以下はExcelDevToolを使って、SQLでデータ件数を取得する1例を説明します。


例:データ
行| A | B
------------
1│A│D
2│A│G
3│B│D
4│A│F
5│C│D
6│A│D
7│B│F
以下の問題の引用です。
[これのAとBを含む対象に、右列のDを抽出してその数を表示したいです。
Dが終われば今度はF、Gと条件を変えて数を出さなければいけません。
これが200個近いデータでの抽出なので、数えるのも一苦労です。]

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se475869.html
①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。
Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒テーブル⇒「データマッチング/突合/照合」をクリックします。
DataMatchingGroupBy-1


②、対象データのデータ1を選択して(範囲)、次へ進みます。
ここで登録するテーブル名はT1です。
DataMatchingGroupBy-2


③、データ2を選択無しで次へ行きます(2つのデータがあるなら、データ2も選択します)。
データ2を登録した場合、テーブル名はT2です。
DataMatchingGroupBy-3

④、SQL実行をクリックします。
 DataMatchingGroupBy-4

⑤、出たSQLエディタに以下のSQLを入力します。
SELECT 
    T1.COL2,
    COUNT(T1.COL2)
FROM T1 
WHERE COL1 LIKE '%A%' OR COL1 LIKE '%B%'
GROUP BY T1.COL2

DataMatchingGroupBy-5

⑥、実行ボタンをクリックしたら、以下:
DataMatchingGroupBy-7
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

Excelで行列の形で並んでいるデータ列を,1列に変更する方法を説明します。
やり方いろいろありますが、今回は「文字列結合&コピー」機能を使います。

1 2 3 4
5 6 7 8
9 ...
という形で並んでいるデータを
1
2
3
4
5
.
という型式に変更

①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒選択範囲⇒「文字列結合&コピー」をクリックします。
Combination-4


②、下記のように結合順序と区切り記号を指定して、クリップボードにコピーします。
Combination-3

③、空白セルを選択して、貼り付けます。
Combination-5


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ