経理兼SE担当の10年間の纏めから厳選した無駄のない100Excel拡張機能!

http://www.superdbtool.com  Excelの機能拡張で作業効率数倍アップ!
SuperDBToolのブログはhttp://superdbtool.com/blogへ移しました。
使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg
シート名一括変更,ファイル一括検索置換,擬似データ作成,データベース連携,データマッチング/突合,フォルダ一括作成, 組み合わせパターン作成,重複削除,複数シート纏め,Excel分割,一括保護解除,選択範囲を画像へ変換,文字変換,ファイル一覧出力,文字コード変換,別ウィンドウで開く,リンク一括削除,複数条件データ抽出,空白セルに値設定,文字列結合コピー,シート名ソート,テキスト比較,シート比較,Excel印刷ページ数取得,計画作成,課題管理表,TODOリスト,作業報告書,世界時間,SQL実行,Grep,メール一斉送信,情報明細によりメール作成,メール文例,Excelファイル差し込み出力……

タグ:エクセル

エクセルは表計算のソフト、アクセスはデータベースです。
そもそも比較するべきではない、比較できないです。

だが、なぜかExcel好きな日本人はよく「アクセスがエクセルよりどこが優れているか」の質問をします。
これに対して、批判者も少なくないです。Excel好きな理由は「日本人が精緻で綺麗なものが好き」だからと思います。
庭園、着物、和食器、和食......考えてみてください。日本特有のものなら、基本的に「精緻で綺麗な」ものでしょう。

日本ほど難しい表を作っている国はない、難しいところはデータや計算ではなく、見栄えなんです。
帳票だけならまだいいんですが、エクセルはスケジュール管理、仕様書作成まで幅広く活用されています。
マイクロソフトは当初Excelを開発した際に、絶対にこれを予想できなかったでしょうか。
スケジュール管理はProjectで、文書を書くならWordでしょう。

エクセルが大好きだからこそ、エクセルをデータベースとして使いたい方もたくさんいるのはおかしくないです。
Office2007以降、取り扱える行数と列数の両方とも増えました。テーブルの機能も追加されました。
これはきっと日本人のための仕様変更だと信じています(^_^)。

実はExcelを使いながら、自然にExcelをデータベースとして使いたくなると思います。Excelを使って、データを一覧にしてレポートを出すことはほぼ誰でもできると思いますが、Accessでデータを管理してクエリでデータを抽出したり、データマッチングしたりすることならたくさんのユーザが出来ないでしょう。

そして、Excelのデータベース化はたくさんのメリットもありますよ。

メリット
  コスト低い
  データ整理しやすい、可視的にデータ操作できる
  フィルタや入力規則など利用できる
  Excelを理解している担当者が多い
  データ共有しやすい(ほぼ全てのWindowsにExcelが入っているだろう)
  コピぺなど利用できるため編集しやすい
......

つまり、よく使えば、高生産性+低コストは実現可能です!

但し、エクセルをそのままデータベース化をすると、以下の課題があります。
  既存のエクセルファイルがたくさんあり、それをどう纏めるか
  エクセルでデータ入力しやすいが、長い行又は1セルに長いデータがあったの場合、非効率
  帳票出力はどうするか
  データベースに対する照合は簡単ならフィルターでできるが、複雑な場合できない
  本当のデータベースとして使うなら、SQLでの検索機能がほしい
......

つまり、課題も多いですね。

実は、上記の多くの課題はこうすればクリアできます!しかもほぼ費用なし!

1.既存のエクセルファイルがたくさんあり、それをどう纏めるか
ExcelDevToolのデータ入力フォームにて「抽出」の機能を使いましょう。
複数シートのデータをデータベースシートへ転記(纏める)(差し込み印刷の逆):


*抽出元シートに明細があり、その明細を台帳へ転記する(纏める)ことは可能でしょうか。YES!

2.エクセルでデータ入力しやすいが、長い行又は1セルに長いデータがあったの場合、非効率
ExcelDevToolのデータ入力フォームを使いましょう。
長い行データの入力を中心に解説:


*リストで値を選択して入力することは可能でしょうか。YES!
そもそもエクセルに下記のようなフォーム入力機能もありますが、最大項目数は32列までなので、全く使えないです!


3.帳票出力はどうするか
ExcelDevToolのデータ入力フォームにて出力先帳票への「マッピング」を設定して非常に簡単に出力できます。
差し込み印刷(データベースのデータを帳票へ出力):


*出力先シートに明細があり、台帳から転記することは可能でしょうか。YES!

4.データベースに対する照合は簡単ならフィルターでできるが、複雑な場合できない
ExcelDevToolの「データ抽出/集計/ソート/SQL」機能を使うことにより、どんなに複雑な条件の抽出でも可能です!
もちろん、集約やソートも非常に簡単です。また「データマッチング」を使えば、データの突き合いなど非常に楽です。



5.本当のデータベースとして使うなら、SQLでの検索機能がほしい
ExcelDevToolならもちろんSQL使えます!しかも複数のSQL文を「;」の分割により一括でたくさんのシートへ結果の出力ができます。


......
......たくさんのファイルはあるフォルダに置いてしまっているが、同じブックに纏めたい
......纏めたブックにシート数が多すぎて1つのシートにデータを纏めたい
........................
まだたくさんの機能がありますから、Youtubeで見てみてください。
それでも見つけなかったら、http://www.superdbtool.comへ問い合わせてみてください。
そちらの悩みはこちらで一瞬で解けるかもしれません。

さて、今から、マクロなし、SE、PGなしで自分でエクセルをデータベース化しましょう!
エクセルの基本操作しかできない貴方も社用システム作れますよ。

ありがとう御座いました!ブックマックやTwitterなどで紹介していただけると嬉しいです。




ExcelDevToolダウンロードおよびインストールガイド

Office2010以降のx64ビット版のOfficeを利用されている方は、新しい製品「ExcelDevTool.MisoAddin」のご利用をお勧めします。

ExcelDevTool.MisoAddinは以下の機能を纏めた製品です。
(Merge, Input, Split, Output)
具体的な機能一覧:

1.データ入出力
自動生成するデータ入力フォームで長い行データを速やかに入力
フォルダ内の複数のファイルを一気に台帳に纏め
台帳からの差し込み印刷(分割)
2.複数のシートを1つに纏め
3.複数のブックを1つのシートに纏め
4.複数CSV,TXTファイルを1つにまとめ
5.シートをExcelファイルに出力/追加
6.シート名一覧抽出
7.シート名一括変更
8.シート名一覧でシート作成

Windows10 + Office2016 64Bit 動作確認済み

Windows10 + Office2016 32Bit 動作確認済み

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Excelファイルをダブルクリックすると、同じウィンドウでたくさんのファイルが開けます。
複数のファイル又は同じファイルを別ウィンドウにて表示して見比べたい場面がよくあります。

ここでExcelDevToolを使って、開いたファイルを別ウィンドウ(実は別Excel)で開いて、
複数のファイルを並んで比較できるように説明します。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒ウィンドウ⇒別ウィンドウで開く  をクリックします。

OpenFileInOtherWindow-1


②、いいえをクリックします。

OpenFileInOtherWindow-2

③、下記のように同じエクセルファイルが同時に開いて見比べられるようになります。
OpenFileInOtherWindow-0


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Excelに大量のデータがあって、一覧のデータを基づきOS上でフォルダを一括で作成したい場合があります。
今回紹介するのはExcelDevToolを使って、大量のフォルダを一気に作成する機能です。
前提:
------------------------------------------------------------------------------
ExcelDevToolダウンロード(Excelの機能を拡張して、効率アップ)
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

インストール方法:
http://superdbtool.com/blog/archives/173

1. シート上で右クリックして、機能拡張 ⇒ ファイル処理 ⇒ リストでフォルダ一括作成をクリックします。
MakeDirs-1

2.リストでフォルダを一括作成 > ステップ1のダイアログでルートフォルダを選択し、サブフォルダの一覧も選択します。「次へ」をクリックしますと、確認の画面が表示されます。
MakeDirs-2

3.フォルダ及びパスを確認して、作成をクリックします。
MakeDirs-3

4.フォルダが一括作成できました!指定したルートフォルダを確認しましょう。
MakeDirs-4

また、フォルダ名を一括変更する場合、以下の記事を参照してください。
http://superdbtool.blog.jp/archives/1000425347.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

複数の検索値があって、それに対して複数の文字列へ置換する必要がありましたら、
既存エクセルの機能で処理し難しいです。
ExcelDevToolの「Grep - Excelファイル検索/置換(&E)」機能を使えば、一括で複数の文字列が置換できます。
ExcelDevToolダウンロード(Excelの機能を拡張して、効率アップ)http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

インストール方法:
http://superdbtool.com/blog/archives/173

例:
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13116445963

で説明します。

1. 置換対象シートの任意セルにて右クリックして、機能拡張 ⇒ 検索置換 ⇒ Grep - Excelファイル検索/置換(&E)をクリックします。
 1

2. 検索オプションの「キーワード一覧指定」をクリックして、「選択」ボタンで検索文字列範囲を選択します
注意:キーワード一覧のシートは検索対象シート以外のシートに指定する必要があります。
2

3. 検索/置換文字列一覧のシートを選択し、検索と置換のセルを選択します
3

4. 検索/置換文字列の選択範囲を確認して、「置換」をクリックします
4

5. 検索対象シートが正しいかどうかを確認して、OKをクリックします
5

6. 検索・置換の結果が一覧で出力されます。
6

7. 置換後のシートを確認します。
7

8. 置換後シートの書式を変更したくない場合もありますが、
出力書式に「
何もしない」としていただければOKです。
BatchReplace-1



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Excelにたくさんのシートがあって、1つずつシート名を変更するのは非常に時間がかかります。
ExcelDevToolのシート名一括変更機能を使えば、一括でたくさんのシート名が変更できます。
前提:
------------------------------------------------------------------------------
ExcelDevToolダウンロード(Excelの機能を拡張して、効率アップ)http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se475869.html

インストール方法:
http://superdbtool.com/blog/archives/173

例:
Sheet1 -> 東京豊島区
Sheet2 -> 東京都台東区
....
のようにシート名を一括変更するには

1. シート上で右クリックして、機能拡張 ⇒ シート操作 ⇒ シート名抽出をクリックします。
そうすると、既存シート名の一覧シートが作成されます。

1

*リンク付きのシート名一覧(インデックス)を抽出したい場合、
「シート名リンク一覧抽出」をクリックします。この例ではリンクなしの一覧を使っています。
SheetNameList


2.B列に既存シート名に対する変更後のシート名を入力します。
2

3.AとB列を選択して、機能拡張 ⇒ シート操作 ⇒ リストでシート名一括変更をクリックします。
3

4.下記の画面が出たら、次へ
4

5.変更前、変更後のシート名を確認し、変更をクリックします。
5

6.一括変更できました!
6

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ