経理兼SE担当の10年間の纏めから厳選した無駄のない100Excel拡張機能!

http://www.superdbtool.com  Excelの機能拡張で作業効率数倍アップ!
SuperDBToolのブログはhttp://superdbtool.com/blogへ移しました。
使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg
シート名一括変更,ファイル一括検索置換,擬似データ作成,データベース連携,データマッチング/突合,フォルダ一括作成, 組み合わせパターン作成,重複削除,複数シート纏め,Excel分割,一括保護解除,選択範囲を画像へ変換,文字変換,ファイル一覧出力,文字コード変換,別ウィンドウで開く,リンク一括削除,複数条件データ抽出,空白セルに値設定,文字列結合コピー,シート名ソート,テキスト比較,シート比較,Excel印刷ページ数取得,計画作成,課題管理表,TODOリスト,作業報告書,世界時間,SQL実行,Grep,メール一斉送信,情報明細によりメール作成,メール文例,Excelファイル差し込み出力……

SuperDBToolのブログは
http://superdbtool.com/blog
へ移しました。使い方は主にYoutubeにて説明しております。
https://www.youtube.com/channel/UC6a8VJcVsqk-4k2uqPZJ6cg

Excelのアドインなので、ガイドやブログを更新する際に、よくExcelの画面コピーやテーブルのデータを使います。
この場合、こちらでよく使うのはExcelDevToolの「図形処理」と 「HTMLへ出力」の機能です。
今回は簡単に使い方を紹介いたします。

ExcelDevToolダウンロード(Excelの機能を拡張して、効率アップ)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se475869.html
インストール方法:http://superdbtool.com/blog/archives/173

①、下記のテーブルを画像化して、ブログで使います。
Picture-1
 
Excel上にて右クリックして、機能拡張 → 図形処理 → 選択範囲を画像へ変換&コピー
Picture-2

以下のメッセージが出たら、コピーは完了です。どこへ貼り付けてもOKです。
Picture-3

②、貼り付けではなく、イメージファイルを出力したい
この場合、「選択範囲の画像(jpeg/gif)を出力」をクリックすれば、
以下の画面が出ます。オプションを設定して出力すればOKです。
Picture-4
 
③、図形ではなく、HTMLへ変換したい
Excel上にて右クリックして、機能拡張→選択範囲→データをCSV/SQL/XML/HTMLへ出力
Picture-5

 HTMLを指定して、出力をクリックします。
Picture-6

一瞬でHTMLができます。
Picture-7

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

別の下記記事でデータマッチングについて簡単に纏めましたが、
http://superdbtool.blog.jp/archives/3552445.html
実際のデータマッチングは様々な条件があって、そしてマッチングのソート順も
指定する必要な場合があります。

もっと自由にデータをマッチングするにはやはりSQLは一番柔軟です。
ExcelDevToolで使っているSQL文法はSqliteと同じです。
以下は例で説明します。
データ1(Aシート):

名前 年齢 臭味 婚姻 年収
たろう 58歳 趣味カメラ 既婚 年収800万…
まちこ 27歳 趣味陶芸 未婚 年収300万…
はなこ 32歳 趣味ボーリング 既婚 専業主婦…
よさく 83歳 趣味山歩き 既婚 年金生活

データ2(Bシート):
名前 出発 帰宅 行き先 備考
はなこ 1月1日出発 1月7日帰宅 行き先京都 おみやげ八つ橋…
たろう 3月4日出発 3月16日帰宅 行き先北海道 おみやげ昆布…
まちこ 12月25日出発 12月30日帰宅 行き先沖縄 おみやげシーサー…

やりたいこと:AシートのデータとBシートのデータを名前でマッチングして、データ2に存在しない
名前なら、「存在しない」と表示する

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se475869.html
上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。(インストールガイド)

①、Excelシート上にて右クリックして、機能拡張⇒テーブル⇒「データマッチング・突合・照合・SQL」をクリックします。
DataMatching-3-1

②、データ1にAシートのデータをタイトルを含めて選択します。
DataMatching-3-2

 ③、データ2にBシートのデータをタイトルを含めて選択します。
DataMatching-3-3

DataMatching-3-4

④、ステップ3でデータ1とデータ2の条件に「名前」を選択して、「SQL実行」をクリックします。
DataMatching-3-5

⑤、デフォルトで以下のSQLが生成されます。このSQLでは一般的なマッチングには十分です。
DataMatching-3-6

 ⑥、今回の例では「存在しない」の表示も要りますので、SQLを少し修正します。
DataMatching-3-7
SELECT 
    T1.名前 AS T1_名前,
    T1.年齢 AS T1_年齢,
    T1.臭味 AS T1_臭味,
    T1.婚姻 AS T1_婚姻,
    T1.年収 AS T1_年収,
    T2.名前 AS T2_名前,
    T2.出発 AS T2_出発,
    T2.帰宅 AS T2_帰宅,
    T2.行き先 AS T2_行き先,
    T2.備考 AS T2_備考,
    (CASE 
        WHEN T2.名前='' OR T2.名前 IS NULL THEN '存在しない'
    END) 結果
FROM T1 LEFT OUTER JOIN T2 ON 
  T1.名前 = T2.名前 

⑦、「実行」ボタンをクリックすれば、以下の結果が出ます。
DataMatching-3-8
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Excelの一括送信で下記のようなことはよく発生します。
 1). 給与明細から個人給与明細を生成して、一括で各社員へ送信します。
 2). 売掛一覧から請求書を生成して、一括で各会社へ送信します。
 3). 売掛一覧から注文書を生成して、一括で各会社へ送信します。
 .......
つまり、既存の台帳や一覧シートから個別文書を作成して、各特定の送信先へ一括送信することは珍しくありません。
この記事では、Excel一覧から個別Excelファイルへの差し込み方法を説明します。
ExcelMailAddinを使えば、マクロを作ることが必要なく、設定だけで様々なパターンが対応できます。
下記の具体例で成績一覧から個人成績表へ一括出力するように、使い方を解説します。

一覧(入力ファイル):
ExcelDataInsertion-0

個別ファイル(出力ファイル):
ExcelDataInsertion-9

ExcelMailAddinのインストールは下記記事を参照してください。
http://superdbtool.blog.jp/archives/1001792674.html

①、 出力マッピング定義
「 
マッピング定義」は一覧ファイルからどのように出力ファイルへ内容を出力するか
を定義する
Excelファイルです。 上の部分は一覧ファイルのタイトルやデータサンプルです。
1列名に「!!元データ終了!! 」が入っている行以下は出力ファイルのコンテンツです。
* 
「!!元データ終了!! 」は必ず6行目以下に指定する必要があります。
「!!元シート名!!」は一覧のシート名としてマッピングで使えます。
一覧の項目と出力ファイルの項目を線で繋いで、データコピー関係を定義します。
3種類の線が使えます。
ExcelDataInsertion-10
 本例で使ったマッピング定義:
ExcelDataInsertion-4
 
②、 ファイル出力の設定を追加します。
ExcelDataInsertion-2

下記の図で元データファイル:成績一覧
設定ファイル:マッピング定義ファイル
出力テンプレート:個人成績表のサンプルファイル
出力先フォルダ:書き込み権限のあるフォルダ指定(C:直下は普段駄目)
下記のように設定して保存:
ExcelDataInsertion-5
ExcelDataInsertion-6

③、 一覧で「選択行で出力」をクリックします。
ExcelDataInsertion-7

すると以下のファイルが生成されます。
ExcelDataInsertion-8
ExcelDataInsertion-9

生成したファイルは一斉送信機能を使って、一括で各人へ送信できます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ExcelDevToolを使って、下記の問題を解決する例を説明します。

Goo教えてから:C列に生徒番号、D列に氏名、E列にクラスがAからFまでランダムに入っています。

この名簿を新しいファイルに、クラスごとに別のシートにしたいです。
できればシート名も「A」「B」となっていれば助かります。
A,B列にもデータが入っていますが、今回は生徒番号、氏名、クラスのみの
ファイルにしたいです。

http://www.superdbtool.com/files/ExcelDevTool.msi
①、上記のソフトをダウンロードして、Excelを閉じてからインストールします。終わりましたら、Excel起動して、データの入っているファイルを開きます。(インストールガイド)

②、本例で使うデータはExcelDevToolの擬似個人情報データ作成機能を使って作成します。
詳しくはhttp://superdbtool.blog.jp/archives/489261.html
SplitSheetData-2

②、Excel上にて分割対象データを選択して、右クリックで機能拡張⇒テーブル⇒テータマッチング/突合/照合/SQLをクリックします。
SplitSheetData-3

③、データ1は選択した範囲で、次へ
SplitSheetData-4

④、データ2はなし
SplitSheetData-5

 ⑤、SQL実行をクリックします。そうするとデータを中間DBへ登録して、SQLエディタが表示されます。
SplitSheetData-6

⑥、SQLを下記のように編集して、実行をクリックします。
SplitSheetData-7

⑦、下記のような結果が表示されます。
SplitSheetData-8
ExcelDevToolのシート名一括変更機能(http://superdbtool.blog.jp/archives/951643.html)を使って、
A,B...のように一括変更できます。またシート名ソート機能もあります。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

案件一覧、要員一覧、顧客一覧、社員一覧などの情報リストから
必要な行の情報をメール本文に一定のフォーマットで編集して送信する
場面がよくあります。例えば、下記の案件リストを協力会社へ送信したい場合、
Excel明細の各セルから情報をコピーするのは面倒くさいです。
CreateMail-6

ExcelMailAddinを使えば、既存の案件一覧から一括で作成できます。

ExcelMailAddinのインストールは下記をご参照ください。
http://superdbtool.blog.jp/archives/1001792674.html

一斉送信の方法は下記をご参照ください。
http://superdbtool.blog.jp/archives/1001812133.html

①、案件情報のサンプルファイルを開きます。
CreateMail-1

CreateMail-2

②、「一斉送信」タブの「一覧からメール作成」ボタンをクリックします。
CreateMail-3

③、下記の画面で、案件一覧のタイトル行、出力判断列(どの行をメール本文に出力するか)、
テンプレート名、テンプレートの内容を設定します。

テンプレート内容には「%XXXX%」のように、案件一覧のタイトル行を書きます。
CreateMail-4

④、メール本文作成ボタンをクリックしたら、%XXXX%の部分はすべて案件一覧の
各行のデータに置き換えて本文に出力します。
CreateMail-5




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ